• トップ
  • プロフィール
  • 著書
  • 講演予定
  • メディア
  • ブログ
  • お問い合わせ

メディア

産経新聞(兵庫版)「Dr.和の町医者日記」連載

ご覧になりたいシリーズ名をクリックしてください。

PDFアイコンのリンクをクリックするとPDFが開きます。

「生と死」シリーズ

「生と死」シリーズ(16)

『99歳の沖縄旅行と旅立ちの映像』

認知症でも最期まで家で普通に暮らせる

産経新聞 平成27年5月16日

掲載内容

「生と死」シリーズ(15)

『芸能人のがん闘病報道』

愛川欽也さんの最期に学ぶ

産経新聞 平成27年5月9日

掲載内容

「生と死」シリーズ(14)

『死因第3位の肺炎への対策』

誤嚥性肺炎は夜につくられる

産経新聞 平成27年5月2日

掲載内容

「生と死」シリーズ(13)

『生きることは食べること』

認知症や老衰でも最期まで食べられる

産経新聞 平成27年4月18日

掲載内容

「生と死」シリーズ(12)

『なぜ「死の授業」なのか』

多死社会でも死を見たことがない!?

産経新聞 平成27年3月21日

掲載内容

「生と死」シリーズ(11)

『「告知」という言葉』

「余命予測」ほどよく外れるものはない

産経新聞 平成27年3月14日

掲載内容

「生と死」シリーズ(10)

『「余命3カ月」が、1年近くに』

末期がん隠し最期まで働いたHさん

産経新聞 平成27年3月7日

掲載内容

「生と死」シリーズ(9)

『日本一幸せな患者さん』

”死んでいた”のを知らず自己退院

産經新聞 平成27年2月21日

掲載内容

「生と死」シリーズ(8)

『急性心筋梗塞直後の心室細動』

90分間蘇生処置後に後遺症なく復帰

産經新聞 平成27年2月14日

掲載内容

「生と死」シリーズ(7)

『憎しみのなかにある時こそ』

後藤さんの遺志を共有しよう

産経新聞 平成27年2月7日

掲載内容

「生と死」シリーズ(6)

『金子さん「死後のプロヂュース」』

死は終わりでなく「通過点」だ

産経新聞 平成27年1月31日

掲載内容

「生と死」シリーズ(5)

『大スターの最期に学ぶ』

健さんと文太さんの生き方、逝き方

産経新聞 平成27年1月24日

掲載内容

「生と死」シリーズ(4)

『あの日を忘れない』

1・17に考える 人間の「覚悟」とは

産経新聞 平成27年1月17日

掲載内容

「生と死」シリーズ(3)

『「つどい場さくらちゃん」の年末年始』

富ちゃん、99歳の穏やかな旅立ち

産経新聞 平成27年1月10日

掲載内容

「生と死」シリーズ(2)

『ありがとう、黒田裕子さん』

「人生旅の荷物は夢ひとつ」

産経新聞 平成26年12月27日

掲載内容

「生と死」シリーズ(1)

『ブリタニーさんの安楽死』

メディアが”誤報”した理由

産経新聞 平成26年12月20日

掲載内容

ページトップへ