• トップ
  • プロフィール
  • 著書
  • 講演予定
  • メディア
  • ブログ
  • お問い合わせ

メディア

平穏死・リビングウイル関連記事

PDFアイコンのリンクをクリックするとPDFが開きます。

『産經新聞 2018年12月4日』

「第66回中学生 人権作文コンテスト」大阪大会

産経新聞社賞

「終末期医療と尊厳死」 柏原市立柏原中学校 3年 星田拓未

掲載内容

『青空の会のつどい』2018年5月

「鎮静についてのアンケート報告」

 

掲載内容

『週刊ポスト 2018年11月2日号』超高齢化時代の「穏やかで幸せな逝き方」を考える

「不治の病で死期が迫った場合、私は延命治療を望みません!」

ーそう公正証書で残す人が急増中

「尊厳死宣言」の書き方

掲載内容

『中学道徳 2018年10月』「尊厳死」という言葉

資料:「尊厳死」という言葉

「尊厳死」を巡る考え方の一部を紹介

掲載内容

『日経新聞 2018年10月1日』「尊厳死宣言」広がる

「尊厳死宣言」広がる

掲載内容

『毎日新聞 2018年9月16日』延命中止 意思確認に力点

終末期医療 自民、新法検討

法整備 高まる必要性

掲載内容

『NHKウイークリー ステラ 2018年9月21日号』

”リビング・ウイル”を知っていますか?

BSプレミアム 2018年9月9日(日)よる10時スタートのドラマ

「ダイアリー」に関連して日本尊厳死協会 江藤副事務局長が取材されました。

掲載内容

『週刊朝日 2018年9月14日』自分が苦しまず、周囲を困らせない上手な逝き方

日本尊厳死協会は会員向けに、「リビング・ウイル(終末期医療における事前指示書)」と呼ばれる書面の登録管理をしている。

掲載内容

『毎日新聞 2018年6月17日』1面

韓国 8500人延命中止

尊厳死法施行4カ月

意思表示は3万人超

 

掲載内容

『朝日新聞 2018年6月6日』望む最期 医師や家族と共有

望む最期 医師や家族と共有

抵抗感や医療者の意識 課題

掲載内容

『毎日新聞 2018年6月3日』縮む日本の先に 最期の選択〔4〕

透析やめ「おうちで」

掲載内容

『毎日新聞 2018年6月2日』縮む日本の先に 最期の選択〔3〕

望まぬ治療でも「生きて」

掲載内容

『毎日新聞 2018年5月31日』縮む日本の先に 最期の選択〔1〕

命決めたラブレター

人生悔いなし 終末期治療いらぬ

掲載内容

『毎日新聞 2018年5月31日』医師葛藤 過酷な判断

患者家族の心も救う

改定指針 現場任せ

掲載内容

『毎日新聞 2018年5月31日』延命取りやめ7割

延命取りやめ7割

救命拠点患者側希望89%

掲載内容

『読売新聞 2018年5月15日』尊厳死 毎日を大切に

60歳で日本尊厳死協会に入会

女優 秋野 暢子さん

掲載内容

『毎日新聞 2018年1月25日』批評&探究 文化

西部邁さん死去

保守の真意届かず、「絶望の深さ分かったでしょ」

10日前「自裁」言及

掲載内容

『朝日新聞 2018年2月2日』異論のススメ 佐伯啓思

いかに最期を迎えるか

自分なりの「死の哲学」は

 

掲載内容

『讀賣新聞 2018年4月18日』

(終末期医療)

本人の意志生かす体制づくりを

掲載内容

『朝日新聞 2018年4月17日』終活情報、市に登録

終活情報、市に登録

掲載内容

『日本経済新聞(夕刊) 2018年4月11日』望む最期迎えるには

ライフサポート・望む最期迎えるには

-延命治療や緩和ケアの選択

-家族と早めに話し合おう

掲載内容

『読売新聞 2018年4月17日』本人の意思生かす体制作りを

社説『終末期医療』本人の意思生かす体制作りを

掲載内容

『厚生福祉 2018年3月27日』リビングウイルに託す

「リビングウイルに託す」一般財団法人日本尊厳死協会 理事長 岩尾總一郎氏

厚生福祉/時事通信社

掲載内容

『毎日新聞 2018年4月1日』「蘇生拒否」消防6割遭遇

全国74機関 対応に苦慮8割

掲載内容

『NPO法人新田の風・いのちの選択 2018年3月』

いのちの選択

掲載内容

『読売新聞 2018年2月27日』尊厳死希望し協会加入

備えあれば-

尊厳死希望し協会加入

社会保障部 安田武晴氏

掲載内容

『MedicalTribune 2017年9月21日』自宅で実現する安らかな看取り

認定NPO法人「新田の風」理事長・い内科クリニック 院長 井 益雄氏

掲載内容

『讀賣新聞 2018年2月14日 1面、3面』

1面

救急 蘇生中止54件

3年間 終末期 家族要望で

3面

蘇生判断 現場任せ

主治医から指示・地域ごと手順書

掲載内容

『讀賣新聞 2018年2月2日』

伊「尊厳死法」が施行

ローマ法王容認、議会動く

掲載内容

『朝日新聞 2017年11月30日』地球24時

■豪で安楽死容認の州法

掲載内容

『日本経済新聞(夕刊) 2017年11月28日』尊厳死のゆくえ(下)

「死ぬ権利」はあるのか

法制化、医師の7割が消極的

掲載内容

『日本経済新聞(夕刊) 2017年11月27日』尊厳死のゆくえ(上)

延命治療と意思の狭間

救急現場、かかりつけ医と連携

掲載内容

『手紙 2017年5月23日』H.Hさん
『毎日新聞 2017年11月18日』事前指示で蘇生中止

高齢入所者搬送 事前指示で蘇生中止

総務省研究班案「本人」+「医師」

緊急対応 法整備を

掲載内容

『毎日新聞 2017年11月15日』2018年度どう変わる医療と介護

迫る多死社会

最善の「最期」目指す

国・自治体 事前意思表示を啓発

患者の思い 共有する 医療現場でも取り組み

掲載内容

『AERA 2017年11月14日』尊厳ある死を準備する

「本人の意思」と「医師の責任」がせめぎ合う現場

掲載内容

『2017年8月17日 ご逝去 HH氏(78歳)手記』

最期まで、尊厳ある生をまっとうされた。

H.Hさんの手記

掲載内容

『月刊保団連 2017年11月号』多死社会の到来と医療

孤立死の現場から見えるもの-「死にざま」から「生きざま」を学ぶために

吉田 太一氏(キーパーズ代表取締役)

掲載内容

『月刊保団連 2017年11月号』多死社会の到来と医療

死に逝く人に医師は何ができるのか―超高齢多死社会における「社会的共通資本」

占部 まり氏(宇沢国際学館取締役 医師)

掲載内容

『月刊保団連 2017年11月号』多死社会の到来と医療

多死社会における法医学の役割

西尾 元氏(兵庫医科大学主任教授)

掲載内容

『MedicalTribune 2017年9月28日』

終末期の「治さない肺炎」とは

新診療ガイドラインから肺炎診療を展望

朝野 和典氏(大阪大学病院感染制御部 部長)

掲載内容

『日本經濟新聞 2017年8月23日』

終末期患者の意思尊重を

自宅で最期迎える 病院で延命治療

自治体や病院、情報共有

掲載内容

『日本經濟新聞(夕刊) 2017年7月11日』

乳児尊厳死 審理を再開

英、治療法巡る「新証拠」検討

病院側は疑問視

掲載内容

『新潮45 2017年6月号』 特集 私の寿命と人生

俺が死んだら もう俺を語れる奴はいない

梅宮辰夫

掲載内容

『新潮45 2017年6月号』 特集 私の寿命と人生

ボクが尊厳死協会に入ったわけ 蛭子能収

14歳、死は常にそこにある 別府倫太郎

末期ガンの夫を「家で看取る」 三砂ちづる

掲載内容

『日医ニュース 2017年5月20日』 穏やかな終末を迎えるためにもリビングウィルの作成を 

特別対談

日本医師会会長 横倉義武氏、日本尊厳死協会理事長 岩尾總一郎氏

―終末期医療を経済の視点から議論すべきではない

―ACPによる意思決定支援と「かかりつけ医」の役割

掲載内容

『MedicalTribune 2017年4月27日』 DNAR指示の解釈と臨床応用が現場で混乱

・第44回日本集中治療医学会の実態調査から明らかに

 DNAR指示で蘇生手技以外の差し控え・中止が多い

・DNAR指示で「救命の努力」が放棄されている

 “誤解と誤用”が大きな問題に

掲載内容

『朝日新聞2017年5月7日』

終末期の「事前指示」を制度に

掲載内容

『日本経済新聞 2017年4月24日』僧侶の延命悩みながら

砂上の安心網~線引きに惑う

最期まで自宅で看取った森山さん一家

掲載内容

『朝日新聞 2017年4月8日』

救急隊の蘇生中止手順提言

本人書面・主治医指示で可能

掲載内容

『日本經濟新聞 2017年4月8日』

終末期患者の救急対応

望まない蘇生「中止を」

学会が提言 かかりつけ医に確認 

処置の判断基準各地でばらつき

掲載内容

『週刊ポスト 2017年3月10日号』問題提起レポート「生き方」「死に方」を考える

延命治療中止で殺人罪に問われた医師の告白

「私のやったことは、殺人でしょうか?」

掲載内容

『讀賣新聞 2017年3月26日』

終末期医療 あなたの選択

超高齢時代の「リビングウイル」

対談 

日本医師会・横倉義武会長

日本尊厳死協会・岩尾總一郎理事長

 

掲載内容

『SAPIO 2017年2月号』 SIMULATION REPORT

苦痛を和らげる薬を貰いながら死にたい

日本でも早く安楽死法を通してもらうしかない

作家 筒井康隆

掲載内容

『文藝春秋 2017年3月号』大特集 理想の逝き方を探る

【特別対談】

私の問題提起はおかしいですか

橋田壽賀子(脚本家)

鎌田 實(諏訪中央病院名誉院長)

掲載内容

『文藝春秋 2017年3月号』大特集 理想の逝き方を探る

私はこのがんで死にたい

ラクに逝けるがんもあれば ノーサンキューながんもある

近藤 誠(医師・近藤誠がん研究所)

掲載内容

『文藝春秋 2017年3月号』大特集 理想の逝き方を探る

僧侶が認知症患者を見送って

グループホームで学んだ「上手な迷惑」のかけ方

釈 撤宗(浄土真宗本願寺派 如来寺住職)

掲載内容

『文藝春秋 2017年3月号』大特集 理想の逝き方を探る

ルポ

「病院で死なない」幸せな看取り

西所正道(ノンフィクションライター)

 

掲載内容

『文藝春秋 2017年3月号』大特集 理想の逝き方を探る

アメリカ発

娘を安楽死させた母の告白

飯塚真紀子(ジャーナリスト)

掲載内容

『文藝春秋 2017年3月号』大特集 理想の逝き方を探る

安楽死年間二千人 ベルギーの悩み

うつ病にも安楽死が許される国の現状

宮下洋一(ジャーナリスト)

掲載内容

『文藝春秋 2017年3月号』大特集 理想の逝き方を探る

安楽死は是か非か

大アンケート 著名人60名の賛否を公開する

掲載内容

『日本經濟新聞(夕刊)2017年2月2日』

終末期に望む治療 書面に リビングウイル

病院など作成後押し

掲載内容

『日本經濟新聞(夕刊)2017年2月2日』 リビングウィル 

終末期に望む治療 書面に「リビングウィル」

病院など作成後押し

掲載内容

『讀賣新聞 2017年1月29日』 安心の設計

延命治療「辞退」を宣言 死を語る(下)

樋口恵子さん 家族に委ねないで

掲載内容

『SAPIO 2017年2月号』 SIMULATION REPORT

苦痛を和らげる薬を貰いながら死にたい

日本でも早く安楽死法を通してもらうしかない

作家 筒井康隆

掲載内容

『一般財団法人日本尊厳死協会宛通知文書』

公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(平成18年法律第49号)第4条の認定に係る 申請に対する結果通知

掲載内容

『公益法人 2014年8月号』

終末期医療についての個人的な経験と情報

ー普通の医師の感覚ー

公益財団法人放射線影響協会 理事長 長瀧重信

((公財)公益法人協会 理事)

掲載内容

『公益法人 2016年12月号』

長瀧先生の急逝を悼む

(公財)公益法人協会 理事長 太田達男

掲載内容

『文藝春秋2016年12月号』

夫との死別から二十七年、九十一歳脚本家の問題提起

私は安楽死で逝きたい

脚本家 橋田壽賀子

掲載内容

『週刊 東洋経済 2016年9月24日号』

納得のいく 死に方

医者との付き合い方

掲載内容

『女性セブン 2016年10月6日』 連載第1回

2800人を看取ったホスピス医が説く「苦しみの取り除き方」とは

人生最後の日、あなたはどう向き合いますか?

小澤竹俊 医師

掲載内容

『女性セブン 2016年10月6日号』 全国自治体在宅死ランキングベスト100

1位 神奈川県横須賀市

2位 東京都葛飾区

3位 千葉県市川市

そのときを わが家で迎えるために

~理想の最期を考える~

掲載内容

『医療ジャーナリスト協会7月例会 2016年9月』

「今、なぜ尊厳死が必要か?」

日本尊厳死協会 理事長 岩尾総一郎氏

掲載内容

『朝日新聞 2006年6月14日』

尊厳死じわり関心

首相・奥田氏も「延命拒否」の協会に 事件のたびに会員急増

本人の意思確認は/判断基準は 議論残し法制化の動き

掲載内容

『朝日新聞 2016年8月12日』 にっぽんの負担

終末期医療 本人の意思は

望まぬ治療にも高額費用、「年金頼み」延命求める家族、

判断できるうちに準備重要

掲載内容

『中國新聞 2016年8月10日』

「平穏死のために」

妨げているのは家族の情

特別養護老人ホームの医師 石飛幸三さん

 

掲載内容

『日本經濟新聞 2016年7月24日』

24時間往診「在宅支援診療所」

552市町村で未整備

掲載内容

『讀賣新聞 2016年7月24日』 安心の設計

終末期の希望 明確に示す 救急と看取り2

後悔ないよう家族で話し合う

掲載内容

『毎日新聞 2016年7月24日』

医師不足の離島やへき地、都市部でもみとりの現場 切実

死亡診断 規制緩和へ

在宅死増 医療と連携課題

対面せず死亡診断書

条件付き 政府、交付要件緩和へ

掲載内容

『リビング・ウイル2016年7月発行』 韓国も尊厳死を法制化

韓国「ホスピス延命医療法」

アジアに広がる自己決定権

一般財団法人日本尊厳死協会会報誌

掲載内容

『日本經濟新聞(夕刊) 2016年6月7日』 130万人のピリオド

統計にみる多死社会㊦

望まないケア意思表示を 社会全体で意識改革

国際医療福祉大 大学院教授 高橋泰さんに聞く

掲載内容

尊厳死をともに考える

一般財団法人日本尊厳死協会 関西支部理事 辻文生氏

大阪府薬雑誌 Vol.67 No.3  2016年3月1日

掲載内容

『週刊女性 2008年9月15日号』 人間ドキュメント

「死は、誰にも必ず訪れます自分のために、家族のためにまかせにはしたくないんです」

自分らしく生きたから 自分らしい最期をー

日本尊厳死協会 副理事長 松根敦子さん

掲載内容

『朝日新聞 2004年10月21日』 ひと

尊厳死の法制化を訴える日本尊厳死協会専務理事

松枝 敦子さん

掲載内容

『朝日新聞 1990年6月20日』 現代人物誌

自分の人生は何?と、ふと思い

日本尊厳死協会理事 松根 敦子さん

掲載内容

『毎日新聞2016年2月3日 夕刊』 特集ワイド

死にゆく姿 みっともなくても見せる

宝島社の広告で話題

樹木希林さんの死生観

掲載内容

『讀賣新聞 夕刊 2016年1月28日』 シングル・スタイル

『ひとり レミゼラブルじゃない』

ついのすみかにてー在宅医編

「死をリアルに考えて」

掲載内容

劇団「ザイタク」特別公演 YouTubeURL

2015年11月28日に近畿在宅医療推進フォーラムを新神戸オリエンタル劇場にて開催しました。

近畿圏の在宅医療従事者オールキャストでお届けした、劇団「ザイタク」特別公演“ピンピンコロリって無理なん知っとう?”の動画をyoutubeにて限定公開いたしました。

ぜひご覧ください。

 ①第1部全編 1時間23分  
https://youtu.be/f37TOwt-2YM
 
②短縮版 26分  
https://youtu.be/AqaGrqQc9_A

 印刷用ページ(QRコードあり)はこちら(PDF)

『FACTA 2016年1月号』 病院死が減り「大往生」が増えた理由

各種老人ホームでの死亡者数が10年前の3倍の10万人に。

日本人の死生観が変わり始めた。

浅川澄一Eye

掲載内容

『医療タイムス 2015年12月14日』  タイムスインタビュー

海外では認知症患者の安楽死を合法化

倫理のイノベーションに取り組むべき

掲載内容

『讀賣新聞 2015年12月6日』 生き方と死に方母に教わる

女優 木内みどりさん(65)【上】

自分の死に方は自分が決める

日本尊厳死協会に入会

掲載内容

『朝日新聞 2015年12月6日』 痛がる母逝く

(読者投稿)

苦しみながら亡くなった母

海外では尊厳死が合法な国もある

日本でも本人とその家族のために必要だと心から思った

掲載内容

『朝日新聞 2015年12月4日』 いのちのケア

最後の最後まで患者の「苦」を聞く専門家の育成を

末期がんの内科医・僧侶

田中 雅博さん

掲載内容

『中國新聞 2015年12月2日』延命中止手続き明確化

北海道大病院が独自指針

倫理委含め重層的に判断

 

掲載内容

『産経新聞 2015年11月21日』 「尊厳死」の宣言も

老い支度はじめませんか

掲載内容

『文藝春秋 2015年12月』 アメリカ発「死ぬ権利」をなぜ認めたのか

尊厳死を望んだ二十九歳女性が世論を動かした

掲載内容

『リビングウィル 2015年10月』 高齢者問題 関心は世代を超えて

中学生が考える「尊厳ある死」

掲載内容

『リビングウィル 2015年10月』 減退する意思能力に取り組む

“認知症800万人時代”とリビングウィル

掲載内容

『週刊現代 秋の合併号』 スウェーデン「寝たきりゼロ」社会の暮らしと考え

週現スペシャル

幸福度世界1位「北欧の楽園」に学ぶ

 

掲載内容

『毎日新聞 2015年9月15日』 「臨床宗教師」シンポ開く

仙台 被災者ケア、体験語る

掲載内容

『朝日新聞 2015年9月16日』 最期の迎え方考えよう

日本尊厳死協会副理事長 鈴木裕也医師

掲載内容

『週刊ポスト 2015年9月11日号』終末期医療を考える

★厚生労働省が国民に提案する

家で看取る「幸せな死に方」

★『身近な人が亡くなった後の手続きのすべて』

ここが気になる17のポイント

 

掲載内容

『日本経済新聞 2015年8月30日』 日曜に考える グローバル

地球回覧

尊厳死、米の苦悩と日本

掲載内容

『朝日新聞 2015年8月10日』 声

尊厳死について議論を深めよう

掲載内容

『女性自身 2015年8月4日号』 ’15寂聴 京都寂庵編「青空説法」

瀬戸内寂聴さん連載

『言葉はいりません。ただ手を握ってあげてください』

掲載内容

島田市『「わたし」らしく生ききる』

島田市在宅医療推進協議会

島田市 健康福祉部 健康づくり課 作成

「もしものとき」の医療・ケアについての生前の意思表明

★リビング・ウイル★

掲載内容

『茨城新聞 2015年6月22日』 「みとり」援助士養成へ

在宅医ら協会設立

掲載内容

『北國新聞 2015年6月22日』 「みとり」援助士養成へ

在宅医らが協会設立

掲載内容

『北日本新聞 2015年6月22日』 「みとり」に対応援助士養成へ

横浜の在宅医ら協会設立

掲載内容

『東奥日報2015年6月22日』 みとり対応援助士養成

自宅や施設で穏やかな最期を

在宅医ら協会設立

掲載内容

『四国新聞 2015年6月22日』 横浜の在宅医ら、「みとり」援助士養成へ
『山形新聞 2015年6月22日』 みとり対応に「援助士」

横浜の在宅医ら協会設立し養成

掲載内容

『埼玉新聞 2015年6月22日』 「みとり」援助士養成へ

在宅医らが協会を設立

掲載内容

『朝日新聞 2015年5月22日』

看取り対応 人材育てよう

神奈川の在宅医ら協会設立

掲載内容

漫画『会長 島耕作 STEP50;No More Lonely Nights』

島耕作、67歳。前期高齢者である自身の問題として、日本の超高齢化問題に向き合う。

弘兼憲史 作

掲載内容

島田市 リビングウィル 

「わたし」らしく生ききる

「もしものとき」の医療・ケアについての生前の意思表明

掲載内容

『女性セブン 3月17日号』 連載 私の親のおくり方

第9回 

お母ちゃん、あれでよかったよね

秋野暢子さん(58)

掲載内容

お看取りマンガ~「延命処置どうしますか?」と医者に聞かれる前に読む本

作画:極東ベンジャミン

掲載内容

『中國新聞 2015年2月25日』 ACPのススメ

「思いが形に」 安心生む

「もしも」に備え 医療を選択

アンケートから 住民前向き 医師二の足

掲載内容

『月刊 集中 2015年1月号』 

『医療界が及び腰の一方で介護現場は「尊厳死」が日常化』

世界に波紋呼んだ米女性安楽死に日本では議論起こらず

掲載内容

『訪問看護と介護 2014年9月15日』 在宅ケア

96歳、病院から胃ろうなしで脱出するには?(後編)

株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション・

白十字ヘルパーステーション総括所長

秋山 正子

掲載内容

『週刊ポスト 2015年1月16・23日』 ビートたけしの21世紀毒談

ビートたけし

「ちゃんと生きていれば、死ぬのは怖くない」

大事なのは「自分の満足度」

追悼の画一化はおかしくないか

掲載内容

『北日本新聞 2014年12月7日』 尊厳死考える契機に

富山の松尾さん 米作家著書を翻訳

自費出版「妻にささげる」

掲載内容

『朝日新聞 2014年11月28日』 オピニオン

2014衆院選 高齢者医療に足りぬもの

行き場なき人たち安心できる最期へ選択肢増やす努力を

新たな終末期医療を唱える医師 佐藤伸彦さん

掲載内容

『毎日新聞 2014年11月26日』 勝間和代のクロストーク

尊厳死を認めるか

掲載内容

『週刊現代 2014年11月29日』 今週の遺言 大橋巨泉

世界的問題になっている安楽死の法制化よりカジノ?

政治家の怠慢でなくて何だ!

掲載内容

『ダイヤモンド社のビジネス情報サイト DAIMOND online 2014年11月12日』

米29歳女性の死で注目された「安楽死」と「尊厳死」の大きな違い

福祉ジャーナリスト(前・日本経済新聞社編集委員)

浅川澄一氏

記事はこちら

掲載内容

『高齢者住宅新聞 2014年11月12日』 CHECKマスコミ報道

主要紙は軒並み「尊厳死」と誤表現

第26回 アメリカ女性の安楽死

TV・新聞で異なる用語

掲載内容

『毎日新聞 2014年11月16日』 尊厳か冒とくか

米29歳女性 予告された安楽死の波紋

動画再生1100万回/自殺促す風潮懸念

日本、法制化に強い反対

末期がん女性「選択肢を」

掲載内容

『サンデー毎日 2014年11月23日』 共倒れしない!介護サバイバル

延命治療と尊厳死のはざまで

意思を尊重する医師探しが必要

掲載内容

『上毛新聞 2014年11月9日』 終末期医療に波紋

米国女性が「尊厳死」

タブー視せず国民的議論を

掲載内容

『女性自身2014年11月11日号』 緊急特集「安楽死」を考える!

本紙読者100人緊急アンケート

日本でも安楽死制度を認めるべきですか?

「安楽死を望む」が62%も!

世界の「安楽死」事情最前線!

制度化された国は世界でわずか5か国だけ!

現役医師が語る日本の「在宅終末期医療」

「自宅で亡くなる方は、みなさん穏やかな顔をしています」

掲載内容

『東京新聞 2014年11月6日』 米女性「尊厳死」日本では?

法案提出の動きも慎重論強く

「人の思いは揺れる」

掲載内容

『北海道新聞 2014年11月4日』 決心変えず「尊厳死」

「思い通り死にたい」家族の腕の中 穏やかに・・・

米女性、自宅で服薬

安楽死 欧州で合法化も

掲載内容

『毎日新聞 2014年11月4日 東京版』 「尊厳死」宣言の女性死亡

ネットに「家族、友達よ さようなら」

米オレゴン 予告の日に薬服用

国境越え賛否両論

掲載内容

『東京新聞 2014年11月4日』 「尊厳死」予告の米女性死亡

医師処方薬を服用

掲載内容

『日本經濟新聞 2014年11月4日』 米29歳女性、薬服用 死亡

脳腫瘍患い「尊厳死」宣言

掲載内容

『朝日新聞 2014年11月4日 生活面』 老いとともに

「こんな最期に・・・」書き残す

自治体がノート配布

緊急時に迅速な対応

掲載内容

『毎日新聞 2014年11月4日 阪神版』 米女性「尊厳死」

愛する家族、友よ さようなら

「自殺幇助」「本当は死にたくない」

日本では非合法「死ぬ権利」論争

掲載内容

『朝日新聞 2014年11月4日』 米29歳、予告通り死選ぶ

末期がん女性 欧米で議論

医師処方の薬、自ら飲む

識者「日本なら自殺幇助」

掲載内容

『産経新聞 2014年11月4日 24面』 日本では自殺幇助恐れ 

米女性「尊厳死」

厚労省 苦痛緩和ケアを強調

掲載内容

『産経新聞 2014年11月4日 1面』 尊厳死宣言の米女性死亡

「家族、友人よ、さようなら。世界は美しかった」

掲載内容

『日本經濟新聞 2014年10月14日』 エンディングノート書いた?

もしものときの備えは必要。でも・・・

家族と一緒に/何度でも書き直して

 

掲載内容

『医者が家族だけにはすすめないこと』

最期のときに「生かす治療」はいらない

形成外科医

北條元治先生

掲載内容

療養病院医師からのFAX  2014年10月21日

「尊厳死の宣言書」に対するご質問など

掲載内容

『読売新聞 1976年6月19日』 安楽死法案を可決

カリフォルニア州議会下院

掲載内容

『朝日新聞 1976年6月19日』 「安楽死法案」を可決

米カリフォルニア州議会下院

「装置外し」患者に権利

掲載内容

『読売新聞 1973年12月6日』 人工的生命拒否できる

”死の尊厳”声明採択 米医師連

 

 

掲載内容

『朝日新聞 1982年6月11日』 みんなの老後

『「つい」の時 理想と現実』

「臨終の看取り」総理府調査から

「畳の上で」と願っているが 半数は病院などで

掲載内容

『産経新聞 2014年4月5日』 一筆多論

人生の終わりをどう生きるか

掲載内容

『西日本新聞 2014年4月4日』 延命治療選択の解説本

臨床心理士の藤井さん出版

「指示書」ひな型も

掲載内容

『産経新聞 2014年4月10日』 ゆうゆうLife

「人生の最終段階」 意識調査

事前書面 賛成7~8割も作成5%止まり

本音は自宅、家族に遠慮

サービスと実体験が必要

掲載内容

『毎日新聞 2014年5月18日』 ストーリー

自分の最期 自ら決定

「いのち」と向き合う人々

「よき死」とは何か

人生の「しまい方」を考える

「一人称」で見直す

個人の人格、思いを尊重

掲載内容

『朝日新聞 2014年4月16日』 呼吸器 命の選択

難病ALS つければ「家族に負担」

だけど 生きたい だけど

迷惑かけたくない つけない選択

つけたから見られた 娘の制服姿

掲載内容

『朝日新聞 2014年4月16日』 記者有論

尊厳死法案

人生最後をどう生きるか

掲載内容

『愛媛新聞 2014年8月5日・6日・8日・9日』 最期はどこで ついのすみか探して

第5部 リビングウィル

死に方にも責任を持つ

元気なうち 大切な人と

ALS 命の選択に葛藤

呼吸器外しの波紋 今も

掲載内容

『読売新聞 2014年8月5日』 終末期医療 模索する病院

「延命」患者側と事前に文書

掲載内容

『長崎新聞 2014年8月25日』 こんにち話

『大事なのは自己決定権』

死を正面から

尊厳ある生き方が焦点

日本尊厳死協会理事長 岩尾總一郎さん

掲載内容

『CHUKYO LAWYER Vol.20 2014』

終末期医療と刑法

~生命維持治療の差し控え・中止をめぐる問題を中心に~

中京大学法科大学院 准教授

緒方 あゆみ

掲載内容

『筋委縮性側索硬化症 診療ガイドライン2013 』 7.呼吸管理

Clinical Question 7-11

気管切開下陽圧換気(TPPV)開始後、患者本人または家族

が呼吸器離脱を希望した場合は、どのように対応するか

掲載内容

『毎日新聞 2014年4月22日』 看取り士、初の全国大会

終末期介護 新しい形を

掲載内容

『The Asahi Shinbun GLOBE 2014年8月17日号』 生の終わりに

人生からの旅立ちを支える「産婆」

最期まで安らかに生きる「かあさんの家」 宮崎

得られるのは安心?それとも不安? 終活ブームの意味するもの

「死ぬ権利」の議論進む欧州 スイス・英国

選択肢とリスクと 米オレゴン州

人は死をどう迎えてきたか

医療現場に「心の痛み緩和の視点を」 アルフォンス・デーケン

 

掲載内容

『中國新聞 2014年8月20日』 思いを伝える

ACP

アドバンス・ケア・プランニングのすすめ④

今回の担当医 有田健一 先生

避けてしまう最期の話

掲載内容

『中國新聞 2014年8月20日』 続けるか 患者の意思尊重

続けるか 患者の意思尊重

終末期の人口透析

掲載内容

『愛媛新聞 2014年8月12日』 最期はどこで ついのすみか探して

第5部・番外編 リビングウイルの法制化(下)

日本ALS協会 川口有美子理事

「生きる権利 奪われる」

 

掲載内容

『愛媛新聞 2014年8月10日』 最期はどこで ついのすみか探して

第5部・番外編 リビングウイルの法制化(上)

日本尊厳死協会 岩尾總一郎理事長

「自己決定権の確立を」

掲載内容

『愛媛新聞 2014年8月9日』 最期はどこで ついのすみかを探して

第5部 リビングウイル(4)

呼吸器外しの波紋 今も

掲載内容

『愛媛新聞 2014年8月8日』 最期はどこで ついのすみか探して

第5部 リビングウイル(3)

ALS 命の選択に葛藤

 

 

掲載内容

『愛媛新聞 2014年8月6日』 最期はどこで ついのすみか探して

第5部 リビングウイル(2)

元気なうち 大切な人と

 

掲載内容

『愛媛新聞 2014年8月4日』 最期はどこで ついのすみか探して

第5部 リビングウイル (1)

死に方にも責任を持つ

 

掲載内容

『愛媛新聞 2014年8月4日 1面』 最期はどこで

延命処置なき旅立ち

掲載内容

『讀賣新聞 夕刊 2014年8月5日』 安心

終末期医療 模索する病院

「延命」患者側と事前に文書

掲載内容

『ほうれん草通信 兵庫県議丸尾まき県政レポート2014年夏第77号』

安らかな死を迎えるために

医療用麻薬の積極的活用と尊厳死の意思表示を

望まない人は、終末期の延命治療をしないよう求める意思表示しましょう!

掲載内容

『朝日新聞 2014年7月22日』 社説

公益法人認定

多様な価値観に立つ

掲載内容

『産経新聞 平成26年7月15日』 医療面

呼吸器取り外しも選択肢に含まれる

救急・集中治療など3学会 延命中止で共同提言へ

掲載内容

『北日本新聞 2014年7月1日』 虹

最期の生き方 問い続け

全身まひの妻を支えた8年

掲載内容

『讀賣新聞2014年6月26日』 仏の尊厳死 割れる判断

行政最高裁 「死なせてよい」

欧州人権裁 「当面は延命を」

法律の運用は難しく

掲載内容

『朝日新聞(夕刊) 2014年6月23日』 「死ぬ私」を受け入れる

宗教社会学者・大村英昭さん

末期がん 抗がん剤治療を中止

限られた生の充実 追求

掲載内容

『北海道新聞2014年6月20日』 続わたしの周りは超高齢社会

第2部 いまどきの終活

尊厳死 自分の意思で平穏に

掲載内容

『週刊ダイヤモンド 2014年6月21日号』 p21 from米国

「オレゴン州の尊厳死法で、末期がんの住民たちが

自ら選んだそれぞれの死」

ロサンゼルス在住ジャーナリスト 長野美穂

 

掲載内容

『愛媛新聞 2014年6月7日』 延命治療中止で共同指針

3学会 呼吸器外し認める 今週にも決定

終末期の最善 模索続く

掲載内容

『朝日新聞広島版2013年11月~2014年3月・連載』わたしを生きる

「わたしを生きる~最後の医療は~」

2013年11月~2014年1月

「わたしを生きる~最後はどこで~」

2014年2月~3月

掲載内容

『週刊新潮 6月5日号』 連載・東京情報

第70回

死ぬ権利、死ぬ義務

S・P・I特派員 ヤン・デンマン

掲載内容

朝日新聞 2014年5月17日 日野原重明先生の記事

『死について考えた、凛君の手紙』

日野原重明 先生

 

掲載内容

『毎日新聞 2014年5月18日』 「いのち」と向き合う旅

「最期 自ら決める」 スイス、オランダ 安楽死という選択

「よき生」とは何か 人生のしまい方 欧州の旅

一人称の死 見詰め、個の尊厳で「出口」を

 

掲載内容

『須高地域医療福祉推進協議会のリーフレット』ハッピー・エンド計画

【リビング・ウィル】

終末期医療・ケアについての生前の意思表明

 

 

掲載内容

須高地域医療福祉推進協議会の看取り(家族用)リーフレット

やすらかな看取りのために(ご家族さまへ)

 

掲載内容

須高地域医療福祉推進協議会の看取り(多職種用)リーフレット

やすらかな看取りのために(関係者さまへ)

 

掲載内容

『朝日新聞 2014年5月10日』渡辺さんに尊厳死の意義を学ぶ

オピニオン voice声

神奈川県 松根 敦子さん(81歳)の投稿

 

掲載内容

『西日本新聞 2014年5月9日』台湾 「善終」へ患者の心ケア

宗教者 医療と連携

信仰に合わせて寄り添う

西日本新聞 P11 信仰×新考 うるおいプラス 心 2014年5月9日(金曜日)

掲載内容

台湾成功大学病院・意願声明書

台湾成功大学病院

撤回預立安寧緩和医療曁維生医療抉擇意願声明書

掲載内容

台湾成功大学病院・意願書(民衆版)

台湾成功大学病院

預立安寧緩和医療曁維生医療抉擇意願書(民衆版)

掲載内容

台湾成功大学病院・不施行心肺復甦術同意書

台湾成功大学病院

不施行心肺復甦術同意書

 

掲載内容

台湾成功大学病院・医療委任代理人委任書

台湾成功大学病院

医療委任代理人委任書

掲載内容

台湾成功大学病院 病人意願書

台湾成功大学病院

預立安寧緩和医療曁維生医療抉擇意願書

 

掲載内容

『朝日新聞 2014年5月9日』 耕論 尊厳死法は必要か

オピニオン

・ 深く悩み納得するのが先 周防 正行氏

・ 静かな看取り 条件整備を 鈴木 裕也氏

・ 死への誘導にならないか 安藤 泰至氏

 

掲載内容

台湾・成功大学病院 緩和医療同意書類等

台湾国立成功大学病院

「病人意願書」「医療委任代理人委任書」「不施行心肺復甦術同意書」

「意願書」「意願声明書」

掲載内容

『CLINIC magazine No.539 2014年5月』 今、尊厳死を考える

(解説) 諸外国における尊厳死制度

一般社団法人 日本尊厳死協会理事長 岩尾總一郎 氏

 

掲載内容

耕論 団塊が老いる時

・自宅で死迎える選択枠を

 千葉大附属病院副病院長 高林 克日己氏

・介護の負担、倫理を溶かす

 「ロスト・ケア」を書いたミステリー作家 葉真中 顕氏

朝日新聞 P13オピニオン 2014年4月23日(水曜日) 

掲載内容

読者からの手紙

『平穏死できる人、できない人』を読まれた読者からの手紙(fax)

2014年4月22日(火)

掲載内容

増えるワケあり物件

孤独死や自殺・・・、契約遠のく

告知義務、基準あいまい

日本経済新聞 日曜日に考える P10 2014年4月20日(日曜日) 

掲載内容

「最期の在り方」 議論を

記者の目 大森 治幸氏 阪神支局(前、富山支局)

「終末期医療と患者の意思」

延命措置の中止 国も基準示せず

一人一人が意識 法制化の土台に

毎日新聞 2014年4月17日(木曜日) 

掲載内容

だけど 生きたい だけど

呼吸器外す権利 尊厳死法議論で検討

朝日新聞 社会 P35 2014年4月16日(水曜日) 

掲載内容

尊厳死法案 人生の最期をどう生きるか

記者有論 科学医療部 辻 外記子氏

朝日新聞 オピニオン 声 P12 2014年4月16日(水曜日) 

掲載内容

呼吸器 命の選択

難病ALS つければ「家族に負担」

朝日新聞 P1 2014年4月16日(水曜日) 

掲載内容

「本人が望む最期」尊重

「救命・延命」の医療に変化

讀賣新聞夕刊 社会保障安心 2014年4月14日(月曜日) 

掲載内容

マイライフノート~新しいタイプのエンディングノート~

夢を叶え、家族との心をつなぐ魔法のノート

大切な家族へ贈る あなただけのメッセージ

相続税法改正に対応

野村証券 2014年4月11日

掲載内容

「人生の最終段階」 意識調査

事前書面 賛成7~8割も作成5%止まり

本音は自宅 家族に遠慮 サービスと実体験が必要

産経新聞 社会保障 ゆうゆうLife P19 2014年4月10日(木曜日) 

掲載内容

人生の終わりをどう生きるか

一筆多論 木村 良一氏(産経新聞論説委員)

 産経新聞 オピニオン P6 2014年4月5日(土曜日) 

掲載内容

論点 老衰認める「平穏死」

最期の迎え方/石飛 幸三氏

讀賣新聞 P13 2014年4月1日(火曜日) 

掲載内容

正論 「おひとりさま」の勧めは無責任

産経新聞 P11 2014年3月19日(水曜日) 

掲載内容

経済教室 診療報酬を考える㊦ 

在宅医療の促進に限界

終末期ケアに基準を 問われる「治療中止」の判断

日本経済新聞 P29 2014年3月19日(水曜日) 

掲載内容

読者からの手紙

『平穏死という親孝行』を読まれた読者からの手紙

2014年3月17日

掲載内容

4/5(土)~第一回~ビハーラケア研究会 発足記念大会 新聞広告

~仏教から見る平穏な看取りと介護を考える~

特別協賛・社会福祉法人 明照会あそか苑

第1部「生きる力」【90分】五木 寛之氏による講演会

第2部シンポジウム【60分】「死ねない時代」をどう生きるか?

長尾クリニック 院長長尾 和宏/兵庫県対人援助研究所 主宰 稲松 真人氏/社会福祉法人 明照会 初代理事長 河原 俊亨氏

産経新聞 P25  2014年3月14日(金曜日) 

掲載内容

オピニオン 金曜討論 ~尊厳死法案~

死ぬ権利に裏付け必要 岩尾 総一郎氏

法ではなく個別の判断で 平川 克美氏

産経新聞 P13  2014年3月14日(金曜日) 

掲載内容

日本で安楽死議論が進まぬ理由

筑波大学名誉教授 土本 武司

産経新聞 2014年3月5日(水)

掲載内容

夫の終末期を在宅で

故・金子 哲雄さん(流通ジャーナリスト)の妻 金子 稚子さん 46歳

「社会との繋がりが支え」

産経新聞 2014年2月27日

掲載内容

岐阜大学 医学部 医学科 推薦入学Ⅱ 小論文試験問題

平成26年度 岐阜大学 医学部 医学科 推薦入学Ⅱ 小論文試験問題に

『 家族が選んだ「平穏死」』から出題されました。      

入試実施日2014年1月29日

問1 なぜ家族はこのような行動をするのか考察し100字以内で記せ。

問2 平穏死についてあなたの意見を100字以内に記せ。

 

掲載内容

尊厳死法案 再び浮上

議連、今国会提出目指す 「自分の最期は自分で」

「生きる権利奪われる」難病患者ら反発

東京新聞 こちら特報部  2014年2月21日 

掲載内容

安楽死容認 仏でも勢い

欧州 合法化広がる 「自決権は人権」

「行き過ぎ」懸念根強く  日本も尊厳死法案検討

讀賣新聞  2014年2月19日 

掲載内容

「自宅で最期」9.8%

県民の死亡場所12年厚生労働省調査 20年前から半減

石川県民の死亡場所の推移

北國新聞 朝刊 2014年2月14日(金曜日) 

掲載内容

安楽死 18歳未満も

ベルギー合法化へ 7割賛成

「本人の理解力が前提」

朝日新聞  2014年2月12日

掲載内容

「逝き方」伝えたい 

故・金子 哲雄さん(流通ジャーナリスト)の妻 金子 稚子さん 46歳

「書き残すことが誰かを勇気付ける」

讀賣新聞 夕刊 2014年2月10日

掲載内容

終末期「心づもり」医師と

広島県地対協が取り組み

対話重ね希望伝える

(解説)長い老後納得して歩む鍵

中国新聞 2014年2月3日

掲載内容

最期は家より病院

「家族に迷惑掛けずに」

県立看護大と秋田、島根協力

ホスピス・緩和ケア希望

北國新聞 朝刊 2014年1月29日(水曜日) 

掲載内容

読者からの手紙

77歳のリビングウイル

2014年1月29日

掲載内容

『尊厳死法案』ニュース解説

日テレ衛星放送

「ディリープラネット」

1月24日 放送

掲載内容

今さら聞けない リビングウィル

末期医療を自分の意思で決める

朝日新聞 2014年1月18日

掲載内容

京都ゆうゆうの里 講演会アンケート

京都ゆうゆうの里 

2013年11月24日(日) 開催

長尾和宏医師の講演 アンケート

掲載内容

終末医療 議論が重要

リビングウィルの法制化

讀賣新聞 平成25年11月19日

掲載内容

超党派議連が準備―尊厳死法制化

日本尊厳死協会 岩尾総一郎理事長に聞く

中国新聞 平成25年10月25日

掲載内容

終末期 延命中止15病院

救命救急センター 患者・家族の希望くむ:1面

「延命」一辺倒 変化の兆し:3面

讀賣新聞 平成25年10月21日

掲載内容

自宅で最期「難しい」8割

讀賣新聞世論調査 家族に不安・態勢が不安

讀賣新聞 平成25年10月12日

掲載内容

延命医療「望まず」81%

医師と対話「不十分」50%

讀賣新聞 平成25年10月12日

掲載内容

終末期医療各学会の方針

患者への説明 より丁寧に

毎日新聞 平成25年9月19日

掲載内容

在宅看取りデータ

週刊朝日 平成25年9月17日

掲載内容

ページトップへ